マイケル・チェーホフ・モジュールプログラム事務局

マイケル・チェーホフ スタジオ東京 代表

秋江智文 Tomofumi Akie

俳優・演技講師・演出家

 

21歳のときマイケル・チェーホフの著作『To the Actor』を読み、強く感銘を受ける。25歳のとき渡英。チェーホフ・メソッドのサラ・ケーン(Sarah Kane)および、クリストファー・ガービー(Christopher Garvey)に師事し、チェーホフ・メソッドやスピーチテクニックを学ぶ。また『マイケルチェーホフ・ロンドン・スタジオ』(Michael Chekhov Studio London)の校長を務めるグラハム・ディクソン(Graham Dixson)にも師事する。現在ではウルリッヒマイヤーホーシュを師として、日本でマイケル・チェーホフテクニックを体系立てて教えている。現在「マイケル・チェーホフ スタジオ東京」を立ち上げ、テクニックの普及をしている。

 

大阪開催責任者

杉江美生 Mio Sugie

俳優。鹿児島県生まれ。19942012年、関西芸術座に在籍。

2000年関西俳優協議会最優秀新人賞受賞。関西芸術座退団時まで、全国中学・高校巡演作品を含む、座内外問わず多くの公演に参加。映像・ナレーション等も行う。

 

2013年よりフリーで舞台中心に活動。2014年、シアター・コミュニケーション・ラボ大阪に1期生として入学、チェーホフテクニックと出逢う。20179月渡米。マイケル・チェーホフ・アクティング・スタジオ・ニューヨークにてレナード・プティ氏に師事、Art of the Actorコース履修。帰国後、俳優業とともに、テクニックの研鑽に努めている。